ケイバハック

競馬ソフトは自分で作ろう!

コンソールの使い方

コンソールの作業フォルダを変更するコマンド・中身を表示するコマンドの基本

コンソールの作業フォルダを変更するコマンド・中身を表示するコマンドの基本

今回は、競馬ソフト作成にあたり、全くプログラミング経験のない方にお伝えしたい情報です。

現在、「プログラミング未経験者が一番簡単に作れるソフトは、コンソールから使う画面のないソフトだ」という理由から、コンソールの基本をご紹介しています。

で、前回のコンソールを使うために最初に覚えるべき基本概念の記事では、コンソールと使うときの基本概念として、「作業フォルダ」について解説しました。

簡単におさらいしてておきますと、コンソールにおける、作業フォルダとは、今そのコンソールが、どのフォルダを選択した状況なのか、ということを示すものです。

これは、ちょうど、WindowsのエクスプローラーやMacのFinderで、ウィンドウをどれか1つ選択しているのと同じ概念です。なので、難しいものではありませんでした。

作業フォルダを変更するコマンド: cd

さて、そのように、ウィンドウをどれか1つ選択している時ですが、そのウィンドウの中に下層のフォルダがあったとしましょう。それをダブルクリックすると、今度は、その下層のフォルダが開かれた状況になりますよね。

これと同じように、作業フォルダとして選択しているフォルダも、違うフォルダに変更することができます。その変更するために使うコマンドが「cd」です。Change Directoryの略で、cdというわけですね。

作業フォルダを変更するコマンド

cd

このコマンドの使い方ですが、まずは、使っている様子を動画で見るのがわかりやすいです。次の動画で、WindowsとMacそれぞれで、コンソールからcdコマンドを使っている様子が見られます。

・Windows

・Mac

この動画を解説します。この動画は、WindowsとMacどちらの動画においても、コンソールを立ち上げたばかりの状態です。

動画の最初では、コマンドpwdを使い現在の作業ディレクトリのパスを確認しています。その結果は、ユーザーのホームディクレトリが、その作業ディクトリになっていることがわかります。つまり、コンソールを立ち上げたばかりの初期状態であることがわかります。

その後、次のようにコマンドを打ち込んでいます。

【Windowsの動画】
cd .¥Desktop¥keiba¥

【Macの動画】
cd Desktop/keiba/

WindowsとMacで若干cdの後が異なりますが、やりたいことは同じです。具体的には、「作業ディレクトリを、デスクトップ上にあるkeibaというフォルダに変えてください」というコマンドを実行しています。

そして、このコマンドが無事に実行できると、作業フォルダが、デスクトップ上のkeibaフォルダに変わります。動画では、cdコマンドを実行後、pwdコマンドを再度行うことで、作業フォルダが変わったことを確認しています。

このようにcdコマンドを使うと、そのコンソールが選択している作業フォルダを変更することができます。

作業フォルダの中身を表示するコマンド: ls

上でご紹介した動画を最後まで見ると、後半で「ls」というコマンドを実行しています。

これは、その作業フォルダに含まれているファイルやフォルダの一覧を表示するためのコマンドです。正確には、作業フォルダ以外の一覧もこのコマンドで表示することができます。

が、とりあえずは、「作業フォルダの中身を一覧で表示できるコマンド」という認識で大丈夫です。ちなみに、一覧→listから、lとsの二文字をとって、このコマンド名となります。

このlsコマンドの説明のために、ここで改めて、上の動画でご紹介しているファイル構成がどうなっているかをご紹介しますと。まず、デスクトップにkeibaというフォルダがあり、その中にGIレースについての情報を入れたテキストファイルが複数あります。

WindowsとMacそれぞれの例を示しますと、次のようなイメージですね。

そして、上でご紹介したcdコマンドを利用することで、作業ディクトリがこのkeibaフォルダになるわけですね。

その状況で、lsコマンドを利用すると、その作業フォルダの中に含まれているファイルやフォルダの一覧が、コンソール上に表示されます。

実際、動画でlsコマンド実行時にコンソールに表示されるファイル名と、ウィンドウ内に表示されているファイルの一覧は、一致していることがわかりますよね。

このように、lsコマンドを利用すると、特定のフォルダの中身に含まれる、ファイルやフォルダの一覧を表示することができます。

次に読むべき記事:コンソールからフォルダを作るコマンド・削除するコマンドを使ってみる

Return Top