ケイバハック

競馬ソフトは自分で作ろう!

コンソールの使い方

コンソールからフォルダを作るコマンド・削除するコマンドを使ってみる

コンソールからフォルダを作るコマンド・削除するコマンドを使ってみる

今回は、競馬ソフト作成にあたり、全くプログラミング経験がない人に向けての情報です。

「プログラミング未経験者が、最初に簡単に作れるプログラムは、コンソールから利用する画面のないソフトだ」という理由から、まずコンソールの使い方を解説しています。

で、そもそも「コンソールって何?」という方は、競馬ソフト開発にあたりプログラミング未経験者が最初にコンソールの使い方を学ぶべき理由の記事からご覧ください。

さて。前回のコンソールの作業フォルダを変更するコマンド・中身を表示するコマンドの基本では、作業フォルダを変更するコマンドの「cd」と、フォルダ内のファイルやフォルダを一覧表示するためのコマンド「ls」について、解説したところまででした。

今回は、引き続き、もう2つ、コマンドをご紹介します。1つは、コンソールからフォルダを作るコマンドの「mkdir」、コンソールからフォルダを削除するコマンドの「rmdir」です。

で、今回の2コマンドの使い方を理解したところで、コンソールの使い方の基本は身についたことになります。ので、ぜひ挑戦してみてください。

フォルダを作るコマンド: mkdir

では、本題に入ります。まず、今回のコマンドの使い方を説明しやすくするために、次のような状況をイメージしてください。

「パソコンのデスクトップに、keibaというフォルダがあり、そのフォルダの中に、いくつかのファイルがある」

次の図は、その状況を表している画像です。WindowsとMacそれぞれ、「こんな状況です」というわけですね。

で、このデスクトップ上にあるkeibaフォルダ内に、「arima」という新たなフォルダを作りたいとします。もちろん、それはWindowsのエクスプローラーやMacのFinderからも行える操作ですが、コンソールのコマンドを使っても、それができます。

その様子を撮影したのが、次の動画です。

・Windows

・Mac

動画を見ると、WindowsのPowerShell、MacのTerminal、それぞれで、「mkdir」というコマンドを利用して、フォルダを作る様子が見られます。

この動画で重要なのは、次のコマンドを実行している箇所です。

mkdir arima

このコマンドは、「現在の作業ディレクトリ内にarimaという名前のフォルダを作ってください」という意味のコマンドとなります。動画を見ていると、このコマンドを実行した直後に、WindowsのエクスプローラーやMacのFinder上でも、arimaというフォルダができているのがわかりますよね。

mkdirコマンドを利用すると、このように、コンソールからフォルダを作ることができます。

フォルダを削除するコマンド: rmdir

さて、上でご紹介した動画の最後には、「rmdir」というコマンドを実行しています。これは、フォルダを削除するためのコマンドとなります。

で、mkdirコマンドの場合、「mkdir 作りたいフォルダ名」と指定したように、rmdirコマンドの場合は、「rmdir 削除したいフォルダ名」と指定して実行します。

なので、動画では、次のようにコマンドを実行しています。

rmdir arima

つまり、これは、「作業フォルダ内にあるarimaというフォルダを削除してください」という意味のコマンドになるわけですね。

動画をよく見ていると、WindowsのエクスプローラーやMacのFinder上でも、このコマンド実行後に、arimaフォルダが削除されることが確認できます。

以上から、コンソールを使っても「フォルダを作る、削除する」と言ったことができることがわかりますよね。

いよいよ競馬ソフトのプログラミングに挑戦

コンソールから、今回ご紹介したmkdir、rmdirの2コマンドの使い方を理解した段階で、コンソールの使い方の基本は理解できたことになります。

ざっくり言うと、「作業フォルダで何らかのコマンドを実行し、その結果を見る」というのが、コンソールの使い方となるからです。これまでご紹介して来たコンソールの使い方の説明から、それが理解できましたよね。

そして、プログラミング未経験者が最初に作るのにオススメな「画面のないソフト」とは、このコンソールの自分専用のコマンドを作るイメージとなります。

例えば、有馬記念のレース結果を予想するコマンドとして、「arimayosou」と言う自作のコマンドを作り、そのコマンドをコンソールから実行します。

arimayosou

そして、コマンドを実行した結果は、例えば、「馬番:11-1-2」、「枠:6-1」のようなシンプルなものを得るわけですね。

このようなコンソールから呼び出すソフトは、結果がシンプルな分、プログラミング初心者でも簡単に作れます。なので、最初に作る競馬ソフトとしてオススメとなります。

次に読むべき記事:競馬ソフトを作りたいプログラミング未経験者はコンソールアプリ開発から始めるべき理由

Return Top