ケイバハック

競馬ソフトは自分で作ろう!

コンソールの使い方

コンソールを使うために最初に覚えるべき基本概念

コンソールを使うために最初に覚えるべき基本概念

今回は、競馬ソフト開発にあたり、全くプログラミング経験のない方にお伝えしたい情報です。

これまで、このブログでは、次のことをお伝えしています。

  • プログラミング未経験の人が最初に作りやすいのは画面のないソフト
  • 画面のないソフトは、「コンソール」から使うことになる
  • なので、まずは「コンソール」の使い方を抑える必要がある

で、前回のWindowsとMacでのコンソールの起動の仕方の記事では、WindowsとMacそれぞれのOSにおいて、コンソールの起動の仕方をご紹介していました。

そして、今回は、コンソールを使うために最初に覚えるべき基本概念として、「作業ディレクトリ(Working Directory)」について、解説します。

「作業ディレクトリ」とは、今開いているウィンドウのようなもの

コンソールを使った経験がない人からすると、「作業ディレクトリ」と言われてもピンときませんよね。ですが、この概念は、普段WindowsのエクスプローラーやMacのFinderで、ウィンドウを操作した経験のある人ならば、すぐに理解できるものです。

というのも、コンソールの「作業ディレクトリ」とは、WindowsのエクスプローラーやMacのFinderでの、「今開いているウィンドウ」のような概念だからです。

例えば、Windowsの例で上げますと、デスクトップに「keiba」というフォルダがあり、その中に新規フォルダを作ろうとしている状態を考えてください。

次の図のようなイメージですね。

で、実際にフォルダを作ると、「keiba」フォルダの中に、新しいフォルダができます。

この時、「keiba」フォルダのウィンドウを選んでいる状態が、コンソールにおける「作業ディレクトリ」と呼ばれる概念です。

つまり、「自分がどこの階層のどのフォルダで操作をしていますよ」、つまり、今作業しているフォルダを、「作業ディレクトリ」と呼んでいるだけです。

この記事では、Windowsの例しかご紹介しませんが、MacのFinderで同じことなのがわかりますよね。

コンソールの作業ディレクトリのパスを確認するコマンド: pwd

というわけで、前回ご紹介した方法でコンソールを起動すると、そのコンソールは、どこか特定の「作業ディレクトリ」を選択した状態で起動します。

「今現在の作業ディレクトリがどこなのか」を確認するためのコマンドとして、pwdというコマンドがあります。これは、print working directoryの頭文字を取ったコマンドで、つまり、「作業ディクトリを表示せよ」という意味のコマンドです。

実際に、WindowsのPowerShellやMacのTerminal上で、pwdと打ち込んでください。

pwd

打ち込んだ後、WindowsではEnterキー、MacではReturnキーを押すと、次のように、コンソール上に現在の作業ディクトリのパスが表示されます。

つまり、Windowsの場合で「C:¥Users¥keibahack」、Macの場合で「/Users/keibahack」が、コンソールを起動した直後の作業ディレクトリのパスとなります。

ご紹介した例ではOS上に「keibahack」というユーザー名のアカウントがある状況です。そして、コンソールの起動直後にpwdと打って表示されたパスは、そのユーザーの「ホームディレクトリ」と呼ばれるパスとなっています。

このように、コンソールでは、起動するとそのユーザーのホームディレクトリのパスが、作業ディレクトとして選択された状態となっていることを覚えておいてください。

次に読むべき記事:コンソールの作業フォルダを変更するコマンド・中身を表示するコマンドの基本

Return Top