ケイバハック

競馬ソフトは自分で作ろう!

コンソールアプリの開発環境

コンソールアプリでの競馬ソフトを作るのにオススメのプログラミング言語と開発環境

コンソールアプリでの競馬ソフトを作るのにオススメのプログラミング言語と開発環境

今回は、競馬ソフトを開発してみたいプログラミング未経験者のうち、コンソールの使い方が分かっている人に向けての情報です。

「コンソールって何?」という方は、まずは、次の記事から読み進め、コンソールの使い方の基本を学んでください。

競馬ソフト開発にあたりプログラミング未経験者が最初にコンソールの使い方を学ぶべき理由

さて、前回の競馬ソフトを作りたいプログラミング未経験者はコンソールアプリ開発から始めるべき理由の記事では、「これから初めてプログラミングする人は、コンソールアプリの開発から始めるといいよ」と言うことをお伝えしました。

その理由は、コンソールアプリは、パソコン向けのデスクトップアプリやスマホ向けのアプリと比較し、画面を作る知識を必要としないからでした。つまり、プログラミング初心者が簡単に作れるのが、コンソールアプリと言うわけですね。

コンソールアプリを作る方法はたくさんある

そこで、いよいよ、「じゃ、コンソールアプリを作ってみるか」と言う話になるのですが、その基本として知っておきたいのが、「コンソールアプリを作る方法はたくさんある」と言うことです。

例えば、お使いのパソコンに、phpというプログラムの実行環境をインストールすれば、プログラミング言語のPHPを使ったコンソールアプリが、すぐに作れるようになります。

php以外にも、PythonRubyなど、パソコンにインストールすれば、すぐにコンソールアプリを作れるようになるプログミング言語は、たくさんあります。

一方で、プログラミング未経験者からすると、その言語の違いがよくわからず、「どれを選んで良いのかわからない」という状況になるわけですね。

C#とVisual Studio Codeでの開発をオススメする理由

このようにコンソールアプリを作る方法は、たくさんあるわけですが、これから競馬ソフトを初めて作るプログラミング初心者に、私がオススメしたいのは、次の環境です。

なぜ、この環境をオススメするのかと言いますと、その理由は次の通りです。

  • 全て無料で使える
  • その割にプログラミングに便利な機能が使える(コードの補完機能、ブレークポイントでのデバッグなど)
  • C#を学んでおくと、将来的にJRA-VANのSDKを使った競馬ソフト作りにも発展できる
  • Windows、Mac、Linux、どの環境でも利用できる

以上が、この環境をオススメする理由です。

で、オススメしている環境ですが、上のリンク先を見るとわかる通り、全てマイクロソフトがサポートしているものです。マイクロソフトというと、以前は、ソフトウェアの権利に厳しいイメージありました。

ですが、今現在は、OSS(オープンソースソフトウェア)に力を入れており、例えば、Visual Studio Codeのようなプログラムの開発ソフトを無償公開しています。

しかも、そのようなソフトウェアが動作する環境としても、Windowsだけではなく、MacやLinuxなどクロスプラットホームとなっています。これは、「とにかくWindowsを広めよう」としていた以前のマイクロソフトと比べ、本当に驚くべき方針転換と言えます。

Visual Studio Codeの良さ

そのようなマイクロソフトの方針転換はさておき、ここで重要なのは、「競馬ソフトのプログラミングに役立つVisual Studio Codeというソフトが無償で利用できる」という事実です。

このソフトは、基本的には、Windowsのメモ帳やMacのテキストエディットのような、シンプルなテキストエディタです。ただ、普通のテキストエディタにはない、プログラミングに役立つ機能もあります。

それは例えば、コードの補完機能で、これは、プログラミングのコードを途中まで入力すると、「こういうコードを書きたいんじゃないですか?」と、補完してくれます。

このコード補完があると、プログラミングの初心者でも、コードの入力間違いを減らすことができるんですね。

また、Visual Studio Codeは、無償のソフトなのに、そのデバッグ機能も充実しています。「デバッグ」とは、プログラミングしたコードに、何か問題(つまり、バグ)があった時、その原因を探ることなのですが、それをし易くする機能が、Visual Studio Codeにあるわけです。

具体的には、ブレークポイントを置いてのデバッグ機能なのですが、ここでは詳しく解説しません。いずれ、この機能を使う時になったら解説します。

C#を選ぶ理由

さて、上で「Visual Studio Codeは、シンプルなテキストエディタだ」ということを述べています。

つまり、Visual Studio Codeを使ったプログラミングにあたり、特定のプログラミング言語に縛られることはありません。Visual Studio Codeは、使いたければ、phpでも、pythonでも、rubyでも、好きな言語のプログラミングに利用できるものです。

そのような中で、「なぜ今回、プログラミング言語としてC#を選ぶか」なのですが、その理由は、C#を学んでおくと、将来的にJRA-VANのSDKを使った競馬ソフト作りにも発展できるからです。

JRA-VANは、中央競馬のデータ配信サービスを行なっている会社で、そのデータをプログラムから利用し易くするためのソフトウェア開発キット(略してSDK)を公開しています。

そのSDKを利用するのに、C#を学んでおくと役立つんですね。と言うのも、そのSDKを利用する標準の環境が、Visual Studioという、同じくマイクロソフトが公開しているプログラム開発ソフトとなっているからです。

つまり、C#を学んでおくと、次のステップとして、より本格的な競馬ソフト開発にもつながるというわけです。これが、C#を選ぶ理由です。 

次に読むべき記事:C#とVisual Studio Codeでの開発環境を作る時のポイント

Return Top