ケイバハック

競馬ソフトは自分で作ろう!

マメ知識

競走馬の脚質のわかりやすい分析方法

競走馬の脚質のわかりやすい分析方法

今回は、競馬ソフト作りに役立つマメ知識をご紹介します。

馬の脚質として、「逃げ」や「先行」や「追い込み」のように馬ごとの特徴がありますよね。その脚質のわかりやすい分析の仕方が、次の本で紹介されていました。

競走馬の科学

この本は、競走馬について、科学的な観点から得られた知見の全体像をざっとまとめた本なのですが、その中に、馬のレースのペース配分について触れられている箇所があります。

馬の脚質はハロンごとのタイムでグラフにする

具体的には、この本では、1983年のジャパンカップにおいて、1ハロン(200m)ごとのタイムをグラフにし、分析していました。

次の図は、その本のグラフから一部抜粋したデータで作ってみたものです。

このグラフですが、縦軸は、秒です。そして横軸は距離となっており、1ハロン毎にメモリが振ってあります。

このグラフを見ると、ハギノカムイオーは、前半のペースが早く後半のペースが遅いことがわかりますよね。つまり、この馬の脚質は、「逃げ」ということです。

一方、ミスターシービーは、前半のペースがゆっくりで、後半のペースが早くなっていることがわかります。つまり、この馬の脚質は、「追い上げ」です。

このようにグラフにすると、その馬の脚質がわかりやすく分析できるというわけですね。

Return Top