ケイバハック

競馬ソフトは自分で作ろう!

コンソールアプリの開発環境

C#とVisual Studio Codeでの開発環境を作る時のポイント

C#とVisual Studio Codeでの開発環境を作る時のポイント

今回は、競馬ソフトを開発してみたいプログラミング未経験者のうち、コンソールの使い方が分かっている人に向けての情報です。

「コンソールって何?」という方は、まずは、次の記事から読み進め、コンソールの使い方の基本を学んでください。

競馬ソフト開発にあたりプログラミング未経験者が最初にコンソールの使い方を学ぶべき理由

さて、前回のコンソールアプリでの競馬ソフトを作るのにオススメのプログラミング言語と開発環境の記事では、「これから初めてコンソールアプリでの競馬ソフトを作る人は、C#とVisual Studio Codeを使って作るのがオススメだよ」ということを述べています。

そして、今回は、その開発環境を作る時のポイントをご紹介します。

目指す開発環境が整った様子の動画

それでは、始めましょう。まず、開発環境を作る前に、その開発環境が実際に整った様子を次の動画で確認してください。WindowsとMacそれぞれの動画を用意しました。

・Windows

・macOS

では、この動画についてを解説します。まず、動画の最初では、コンソールから次のコマンドを実行しています。

dotnet

これは、マイクロソフトが提供する.NET Coreという、プログラムの実行環境をインストールすると、利用できるようになるコマンドです。

このコマンドは、Windows、Mac、Linuxのどの環境からも利用でき、このコマンドにプログラミング言語のC#で書いたプログラムを指定することで、C#のプログラムを実行できるようになります。

次に。この動画では、次のコマンドを実行しています。

code

こちらも、同じくマイクロソフトが提供するVisual Studio Codeという、テキストエディタをインストールすると、使えるようになるコマンドです。

コンソールから「code」と言うコマンドを打ち込むことで、そのテキストエディタを起動できるようになっているわけですね。

開発環境の構築は簡単

と言うわけで、C#とVisual Studio Codeでの開発環境を準備するにあたり、しなくてはならないことは、基本的には、次の2つです。

  1. .NET Coreの実行環境のインストール
  2. テキストエディタVisual Studio Codeのインストール

なので、開発環境の構築は、基本的に簡単です。そして、これらの開発環境の構築に必要なインストーラーは、上のリンク先からダウンロードすることができます。

で、Visual Studio Codeのインストールにあたっては、特段難しいことはありません。

code.visualstudio.com に、アクセスし、Windows、Macなど、お使いの環境向けのインストーラーをダウンロードするだけだからです。

一方、.NET Coreの実行環境のインストールに関しては、補足したいことがあります。

Windows向けの補足

まず、お使いのパソコンのOSが、Windowsの人に向けての補足です。

Windowsの人は、.NET Coreの実行環境をインストールするにあたり、 www.microsoft.com/net/core にアクセスしたら、「Command line / other」のタブを選択してください。

そして、そのタブを選んだのちに現れる「Download .NET Core x.x SDK」ボタンから、インストーラーをダンロードしてください。

今回、開発環境としてVisual Studio Codeを利用するため、その目的の実行環境をインストールする必要があります。

そして、他のタブにあるインストーラーは、Visual Stuido 2015など、別の開発環境向けのものです。なので、他のタブのインストーラーを利用しないように気をつけてください。

macOS向けの補足

続いて、お使いのパソコンのOSが、macOSの人に向けての補足です。

macOSの人は、.NET Coreの実行環境をインストールするにあたり、ちょっとやる手順が増えます。ただ、それほど難しくはないので、諦めずに挑戦してみてください。

Homebrewのインストール

macOSの人が、.NET Coreの実行環境をインストールするためには、最初に、Homebrewを、インストールする必要があります。

Homebrewとは、macOSのターミナルから利用できるパッケージの管理ツールです。Homebrewをお使いのMacにインストールすることで、ターミナルのコマンドから、簡単に必要な新たなソフトウェアをインストールできるようになるわけです。

そのHomebrewのインストールも、ターミナルから行います。具体的には、Homebrewのサイトにあるインストール用のコマンドを、ターミナルに貼り付けて実行するだけです。

Homebrewのインストールが上手くいくと、ターミナルで、brewと言うコマンドが使えるようになります。

brew

brewコマンドで必要なソフトウェアのインストール

続いて、このbrewのコマンドを利用して、.NET Coreの実行環境に必要なソフトウェアをインストールしていくことになります。

その手順が、 www.microsoft.com/net/core のmacOS向けのページにあります。具体的には、「1.Install pre-requisites」のところにある、黒い四角の枠の中にあるコマンドです。

.NET Coreの実行環境をインストールする前の準備として、「これらのコマンドをmacOSのターミナルに貼り付けて実行してくださいね」と言うことですね。

これらのコマンドが無事完了したら、「2.Install .NET Core SDK」のところにある、「Downdload .NET Core SDK」ボタンから、インストーラーをダウンロードし、それをインストールします。

以上が、macOSの開発環境の補足です。

コンソールからdotnetコマンドとcodeコマンドが呼べるか確認する

今回解説してきた開発環境がうまく構築できた場合、コンソールからdotnetコマンドとcodeコマンドが呼べるようになっています。

ちょうど、最初にご紹介した動画のように動作すれば問題ありません。なので、実際にコンソールからdotnetコマンドとcodeコマンドを実行し確認してください。

次に読むべき記事:.NET Core環境でのコンソールアプリを作るときの基本手順

Return Top